何から始めればいい?遺品整理で注意が必要なポイントを紹介

生まれたからには必ず死ぬ日がやってきます。
これは誰もが避けられない事象ですから、自分亡き後遺品をどうすべきか考えておかなければなりません。
しかし、不慮の事故など突然亡くなったときは生前整理することができず、遺族に整理を任せることになります。
多くの家庭で遺族が遺品整理をどうすべきか困惑しています。
当サイトでは遺品の整理のポイントをわかりやすく紹介していきたいと思います。

何から始めればいい?遺品整理で注意が必要なポイントを紹介

遺品整理において遺族がまずしておかなければいけないポイントは、金品などの把握を最初にすることです。
預金通帳、土地の登記簿、株の証書にダイヤモンドや金などの宝飾品のありかを把握し、まとめて置いてくことが大事です。
これらは財産分与において大事なものとなるので、紛失しないように気を付けましょう。
このように金品の把握、保管をしたうえで遺品整理を始めることになりますが、衣類や写真などは一気に処分することが大事なのです。
もし売却できるものがあればリサイクルショップや買取業者に依頼し、現金化することも大切です。

遺族が自分で行う遺品整理は故人に寄り添い思い出に触れ心から弔う事ができるのがメリット

この世に生を受けるということは、必ず死もやってくるということです。
死は不可避であり誰もが経験することであることを自覚しなければいけません。
そのうえで遺族は身内の遺品整理をする必要に迫られます。
遺品整理を行うタイミングとしてベストなのは四十九日を過ぎたころといわれてます。
遺族が自分で整理することも多く、故人の思い出を回想し故人に寄り添うことが出来、心のこもった整理ができることが最大のメリットでしょう。
しかしいちいち遺品の品を見ては思い出に耽ってしまうので、時間がかかり一向に片付かないと悩みを抱える人も多いです。
この場合には、割り切ってしまい遺品整理業者に依頼するのも賢明だといえます。
まず金品などを遺族が把握しそれをよけたうえで、業者が衣類や日用品、家電などを整理していきます。
良心的な業者であると買取を行ってくれるサービスもあります。

遺族が自分で行う遺品整理は感情に流され時間がかかりなかなか片付かないのがデメリット

遺品整理を自分で行うデメリットですが、これは心情的なことを考えればだいたいは想像がつきます。
遺品整理なのですから、残しておきたいものとそうでないものとを選別し、不要なものは捨ててしまうことが目的となりますが、事はそう簡単ではありません。
一見すると何の価値もなくどうでも良いように見えるものであったとしても、もしかすると故人の思い出が詰まっているものかもしれないなどと考え出すと、決断を下すことがなかなかできずに時間ばかりかかってしまうことが容易に予想できます。
捨てるのはいつでもできるから、とりあえずこのまま保管しておこうなどと言い出すと、結局のところ全く片付かないままに保管スペースだけいつまでも取ってしまうということもあります。
これは心の問題も絡みますからそれが悪いと決めつけるようなことはできませんが、整理という言葉とは裏腹の状況になってしまうことも十分にあり、何とかしなければならないかもしれません。

遺品整理業者に依頼するメリットはスピーディーで的確に片付けられること

遺品整理を残された遺族が行う場合、どうしてもデメリットとなるのが時間がかかってしまうという点です。
遺品を整理する事自体が初めてで、どこから手をつけたらよいかわからないという事が多くあります。
わからない事があれば1つ1つ調べながら整理を進める事になり、物を処分する場合でも運んだり手続きが必要だったりと手間がかかるのが現状です。
その点遺品整理を専門の業者に依頼する上でメリットとなるのが、作業内容を熟知してるからこそのスピーディーな業務内容になります。
どこから手をつけたらよいかだけでなく、必要な処理方法や効率のよい整理方法も把握しているのが強みです。
そのため大きな家財道具や物などを整理する場合でも、必要な手続きなども含めて一度に作業してもらう事が可能です。
自分自身で行うよりも作業スピードが的確なだけでなく、効率よくどのように作業をしたらよいかや手続きも含めて行う事ができるのがポイントであり魅力といえます。

遺品整理業者に依頼するデメリットは金品などに関する遺品の行き先が心配になること

遺品整理業者にデメリットですが、金品などに関する遺品の行き先が心配になることが挙げられます。
誤解してはいけませんが、これは遺品整理業者が現金とか貴金属などを発見した場合にこっそりと自分のものにしてしまうというような意味ではありません。
それは明確な犯罪行為であり、真っ当な会社であれば担当者に対する教育も含めて徹底していますから、怪しい会社に引っかかってしまったということでもない限りこの手の心配は無用です。
気になるのはそういう明白な犯罪行為の意味ではなくて、本当の価値を理解できずにゴミとみなされてしまう可能性が捨てきれないということでしょう。
現金や貴金属であれば万人にとって価値が明らかですが、世の中には一部の人には価値があっても、他の人にはただのゴミとしか思えないというか、良くて本人の趣味のコレクションだったのだなくらいにしか思ってもらえないジャンルの物品が多数あり、これは別に悪意など一切なくても適切に扱ってもらえるとは限りません。

遺品整理に関する情報サイト
遺品整理で注意が必要なポイント

生まれたからには必ず死ぬ日がやってきます。これは誰もが避けられない事象ですから、自分亡き後遺品をどうすべきか考えておかなければなりません。しかし、不慮の事故など突然亡くなったときは生前整理することができず、遺族に整理を任せることになります。多くの家庭で遺族が遺品整理をどうすべきか困惑しています。当サイトでは遺品の整理のポイントをわかりやすく紹介していきたいと思います。

Search